プログラム
トップページ > グローバルキッズメソッド プログラム紹介

運動プログラム

サイバープログラム


センサー技術とプロジェクションマッピング技術を使った次世代体感型アトラクション。ホッケーゲームやリズムゲーム、計算問題ゲーム等のプログラムで楽しく身体を動かしながら、目からの情報を脳で処理する「ビジョントレーニング」を実施できます。ビジョントレーニングは「見る力」を養うもので、目と手の協応動作や読み書きの向上へと繋げます。

Ballschule(バルシューレ)はドイツで生まれたボール遊び教室。運動が苦手、運動をこれからはじめる子のスポーツの入り口です。子供たちが楽しくかかわりながらも、基礎運動能力・自発性・社会性を身につけられる教育研究を背景に持ったボール運動教室です。バルシューレは148種類を越えるボールゲームを通して様々な体の動きを経験するプログラムであり、児童期の発達的特徴に合わせた運動教育になっています。

カーリングを手軽にどこでもできるよう考案されたグループゲーム。世代を問わず、一緒になってゲームを楽しみながら、コミュニケーションを深めていくことを目的としています。「おはじき」の面白さ、「ビリヤード」のクッションの楽しさと共に、思考的知的ゲームであり、コミュニケーションと人間の五感を培うことを多く含んだゲームです。

12個のプラスチック製のカップを決められた形に積み上げたり崩したりするスポーツで、そのスピードを競います。世界54カ国で楽しまれていて世界大会なども開かれているスポーツです。初めてスポーツスタッキングを見るという人でも、すぐにルールを理解することが出来るとてもシンプルなゲーム。反射神経、競争心や向上心を高め、脳の活性化や集中力アップにも効果が期待できます。

バルサ’FutbolNet'(フットボールネット)メソッド


「弱い立場にいる子どもたちを助け、より平等でインクルーシブな社会の構築」を理念とするバルサ財団が提唱する運動プログラム。メソッドを通じて「努力・敬意・チームワーク・謙虚さ・野心」という五つの価値観を表現できるよう、インクルーシブな環境でフィジカルなアクティビティを行う機会を提供します。

並べたタイルのライトの点灯に合わせながらタイルを踏んでライトを消したり、タイルを踏んで音を鳴らすなど、頭で考え身体を動かす事をゲーム感覚で行う事ができ、脳の活動を活発にしてくれます。

スープリュームビジョンL

プログラム公式サイト(外部リンク)

目と身体を使ってトレーニングを行うことができる視機能トレーニング機。人間の五感の中でもっとも情報を得る視覚を、子どものうちからトレーニングすることで学習や運動能力の基礎が作られます。目で物を捉え、脳で処理して体へと出力する能力を鍛えるトータルトレーニングとして、反応力、認知力、集中力、思考力、判断力を鍛えることができます。

巧技台


子どもたちは自分自身の力で、正しく上手に手足を使い、もっと高い所へ登り、渡り、降り、ぶら下がる、などの「縦方向の動き」の経験を積み重ねることが大切です。それらの運動を安全に、効果的に体験できるのが、巧技台あそびです。

エアトラックファクトリー

プログラム公式サイト(外部リンク)

多くの体操教室、スポーツジム、格闘技、チアリーディングなど、あらゆる練習場や大会の場面で使用されています。無用なケガを防ぎながら、安全に練習に打ち込める。身体にふたんをかけずに、フィットネスを楽しめる。そんなニーズに応える、新時代の運動遊具です。

ミズノ公式運動プログラム

プログラム公式サイト(外部リンク)

スポーツを経験したことがなく運動が苦手な子どもでも、楽しく遊び感覚で走る、跳ぶ、投げるなど運動発達に必要な基本動作を身につけられるよう開発された運動遊びプログラムのことです。(1)25m走(2)25mハードル走(3)立ち幅跳び(4)エアロケット投げ(5)エアロディスク投げ(6)ソフトハンマー投げ、の6種目を計測する「スポーツテスト」及びこれら種目を混合し作成した「遊びプログラム」から構成されています。

ボールプール/トランポリン(ボーネルンド)


海のようなボールプールをひっくり返すとトランポリンにもなります。かなり大きい為、高いジャンプが可能です。ボールは4000個程入れなければ満杯になりません。

サイバーホイール(ボーネルンド)

プログラム公式サイト(外部リンク)

安全に全身を360°回転させられるようにと開発された遊具です。「集中力」「落ちつき」「指先の器用さ」などを養います。

これまでの活動内容

社会科見学

体験学習

実践学習

PC / タブレット学習

調理実習

音楽療育