HOME > 川村智子
川村智子
  • 資格:作業療法士

川村智子

かわむら ともこ

勤務時間にも柔軟に対応してもらえたおかげで、子育てしながらの復帰もスムーズでした。 保有資格を活かせる今の職場に満足しています。

児童の分野に飛び込んだ理由

これまでは高齢者のデイケアや、老健で勤務していました。実務経験は5年ありましたが、結婚後のブランク期間は6~7年経過していました。その後、復帰したのが初めての児童福祉の分野でした。自身の子育て経験を通して、児童分野にも興味を持ち、作業療法士としての資格も活かせると思ったので未知の分野でしたが飛び込みました。
これまでのような「維持する」療育内容とは異なり、子供の成長を目で見て感じられる点は、大きな励みになります。行動が結果として伴うことが、やりがいにも通じ、楽しいです。

現場実務がスタートして、どうでしたか?

これまでの職場では、他のリハスタッフに囲まれ相談して進めることができましたが、今は店舗に常に仲間がいるわけではないので、自分で解決しなくてはならない場面もありますね。間違ったアドバイスをすることがないよう、逆に勉強する機会は増えました。お子さんを持つ親御さんは、専門である作業療法士の分野外のことでも不安を相談さ れるため、本も沢山読むようになりましたし、昔の教科書を引っ張り出して、勉強するようにもなりました。

作業療法士を目指す方にメッセージを!

児童福祉分野における作業療法士の醍醐味としては、子供達に手厚く関わることが出来る点だと思っています。やはり、関わる子供達一人一人の成長が感じられる職場に 就けたことは、幸運なことでした。柔軟で発想力豊かな子供達からは、毎日教えられることも多く、どうしたら『できた』を増やせるか考える事が楽しいです。
初めて児童の分野に飛び込む方は、最初は子供達の行動・言動を不思議に感じることも多いかと思いますが、柔軟に対応すれば良いかと思います。弊社には同じ資格を 持った先輩達も多数おり、OJTも充実していますので、安心してください。なぜ?という疑問を素直に受け止め、解決し、じわっと喜びが感じられるような療育に携わっていた だければ…と思います!